株式投資の始め方や基礎知識を株初心者の立場でわかりやすく紹介!株に役立つ投資ツールも無料公開してます!

株式口座の開設方法

株式投資をするには証券会社に口座を開設しなければなりません。
投資家が発注した株の売買注文は証券会社経由によって証券取引所に発注されます。

株式口座の開設は特に厳しい審査等もなく簡単に行なう事ができます。
もちろん主婦の方や無職の方でも口座を作ることができます。
但し、ほとんどの証券会社では未成年者の口座開設は受け付けていませんが、例外となる証券会社もあります。

未成年者でも口座開設可能な証券会社

SBI証券マネックス証券松井証券

証券会社の種類は大きく2つに分けられ、担当者がついて投資のアドバイスをしてくれ、注文は電話や店頭で行なう対面式の証券会社と株の発注は全てネット上で行なうネット証券会社があります。
対面式証券会社では充実したサービスが提供され初心者でも安心して取引できますが手数料がやや割高です。
ネット証券会社のメリットはネット上で素早く株の注文ができる事や、売買手数料が割安な事です。
現在、ほとんどの個人投資家はネット証券会社を利用していると思います。

ここではネット証券会社の口座開設手順を紹介します。

1.口座開設資料の請求をする

各証券会社のホームページ上より、口座開設資料の請求を行ないます。
資料請求時に住所、氏名等の他に職業や家族構成、年収などの細かい情報の入力を求められる場合があります。
資料請求した段階では口座開設とはならず、資料請求費用もかかりませんので、できるだけ多くの資料を取り寄せて資料にじっくりと目を通して証券会社を選ぶとよいでしょう。
資料請求したからと言って電話なんてまずかかってきませんので安心してください^^;

2.口座開設申込書の送付

資料請求をしてから1週間ぐらい経ちますと証券会社から商品やサービス内容の資料や口座開設申込書が郵送されてきます。



口座開設申込書に必要事項の記入と捺印をして、本人確認書類(住民票や免許証、健康保険証等のコピー)を添えて郵便で証券会社に返送します。

3.口座開設の完了

口座開設申込書を郵送してから、またしばらく(2週間ぐらい?)経つとログインIDとパスワードが記入された口座開設手続き完了の案内が配達記録郵便で送られてきます。
証券会社のサイトを開いて案内に書かれているログインIDとパスワードでログインして株式売買ができるようになります。

なお株を購入するには事前に証券会社の口座に入金しなければなりません。
通常の銀行ATMからの入金もできますが、各証券会社が提携している銀行のネットバンクサービスを活用すると家にいながら、手数料無料で瞬時に証券口座に入金ができます。
詳しくはネットバンクを活用しようを見てください。

スポンサードリンク

株式口座を作ろう
スポンサードリンク