株式投資の始め方や基礎知識を株初心者の立場でわかりやすく紹介!株に役立つ投資ツールも無料公開してます!

株価上昇のサインとなるローソク足−株価チャートの見方

ローソク足の形状から株価が上昇するサインを読み取る事ができます。

底値圏において下記のようなローソク足が出現した場合、株価が上昇基調になる可能性が高いと言えます。
※あくまでも傾向なので必ずしもこの法則が当てはまるとは限らないので注意してください。

自分で血眼になって多数のチャートを見ましたが以下のパターンが出現しても、上がらない例も少なからずありました。 個人的に調べた結果切り込み線のパターンが出た場合に上がる傾向が強いと感じました。


長い下ヒゲが出現した場合 切り込み線
一般的なのが長い下ヒゲが出現した時です。大きく下げた後に買いが入り、株価が底で反発が近い状態を表しています。 大きな陰線の後に陽線が出現し、かつ陽線の上端が陰線の中心線より上にある状態。
つつみ線 はらみ線
直前の陰線をすっぽり包み込むような形で大きな陽線が現れる状態。 つつみ線とは逆に、直前の大きな陰線に包み込まれる(はらまれる?)ような形で陽線が現れる状態。

スポンサードリンク

株価チャートの見方
スポンサードリンク