株式投資の始め方や基礎知識を株初心者の立場でわかりやすく紹介!株に役立つ投資ツールも無料公開してます! EXCEL VBAの作成代行サービスも行っています。

ストキャスティクス−テクニカル指標

ストキャスティクスとは、RSIと同様に現在の株価が「買われすぎ」か「売られすぎ」を判断するテクニカル指標です。
過去一定期間の株価の最高値、最安値に対して、現在の株価がどの位置にあるかに着目して、株価の推移を予測します。
RSIは1本のラインで表されますが、ストキャスティクスは%Kと%Dという2本のラインを使用し、値は数値で表され0%〜100%の範囲で動きます。
%Dが70%以上だと買われすぎ、30%以下だと売られすぎと一般的に判断されます。
また%Kが%Dを切り上げる場合は買いのシグナル、%Kが%Dを切り下げる場合は売りのシグナルと言われます。

ストキャスティクスは以下の計算式で計算されます。
%K={(当日終値−過去n日間の最安値)÷(過去n日間の最高値−過去n日間の最安値)}×100%
%D={((当日終値−過去n日間の最安値)のy日間合計)÷((過去n日間の最高値−過去n日間の最安値)のy日間合計)}×100%
nには通常5や9が使用され、yには3が使用されます。

EXCELでのストキャスティクスの算出方法

1.%Kの計算(n=5日間として計算)
F列の書式を数値型にし、小数点以下の桁数を0にする。
セルF2に「=(E2-MIN(D2:D6))/(MAX(C2:C6)-MIN(D2:D6))*100」と入力。
E2:当日終値
MIN(D2:D6):過去5日間の最安値
MAX(C2:C6):過去5日間の最高値

セルF2の数式を下行にコピーする。

2.%Dの計算(n=5日間、y=3日間として計算)
G列の書式を数値型にし、小数点以下の桁数を0にする。
セルG2に「=((E2-MIN(D2:D6))+(E3-MIN(D3:D7))+(E4-MIN(D4:D8)))/((MAX(C2:C6)-MIN(D2:D6))+(MAX(C3:C7)-MIN(D3:D7))+(MAX(C4:C8)-MIN(D4:D8)))*100」と入力。
E2:当日終値、E3:1日前の終値、E4:2日前の終値
MIN(D2:D6):過去5日間の最安値
MAX(C2:C6):過去5日間の最高値

セルG2の数式を下行にコピーする。

スポンサードリンク

テクニカル指標
スポンサードリンク